Sample Company

ホリスティックフェイスとは

人生100年時代、健康寿命の延伸は喫緊の課題です。
病気予防・健康維持増進には運動が良いとされながらも、ここ10年男女ともに運動習慣ある者の割合は、 あまり変化が見られない上、運動無関心層においては行動変容に至る具体的な手法が明らかになっていません。
そこで、私たちは顔の運動の可能性に着目しました。


顔の筋肉の中でも表情表出に働く筋肉が表情筋ですが、その表情筋は多くが皮筋で、筋紡錘がありません。
よって、皮膚へも大きな負担がかかるため、運動前には指圧や 優しく触れてマッサージしたりすることが美肌としなやかで柔軟に動く上質な筋力を維持する上では重要です。
以上をはじめ、私たちは医学・科学的根拠(エビデンス)に基づいた正しい指圧・マッサージ・表情筋トレーニング・フェイシャルヨガ等、 世界中の伝統療法の叡智を結集した総合的な顔のセルフケア・フィットネスプログラムを日本社会に普及推進すべく「ホリスティックフェイス」と呼んでおります。

英国予防医学機関・健康運動指導士協会公認フェイスエクササイズインストラクター国際資格について

International College of Holistic Medicine(以下ICHM) は、1992年にイギリスで西洋医学と代替・統合療法の融合を目指し、 医師・自然療法士らが設立した予防医学機関です。
WHO(世界保健機関)は「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、 肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、 すべてが満たされた状態にあること」を「well-being」としています。

これからの社会は身体のみならず精神健康への具体的な予防対策が急務です。
そこで、ICHMが世界に先駆けて美容効果のみならずwell-being効果に着目し、 研究・開発したのが総合的な顔の運動法である当メソッドです。
私たちは日常生活、とくに仕事面で情動抑制や表情の不一致表出により顔にもストレスを蓄積しています。
その状態を放っておくと精神健康を損ねかねません。
そして、精神疾患を発症してしまうと表出コントロール不全、無表情という症状が出現します。
ICHM公認のフェイスエクササイズは国際資格であり、 外見のみならず内面にも効果を発揮する21世紀に相応しいプログラムであります。
呼吸法と顔とを一緒にリズミカルに動かすことで見た目のみならず、心・脳にも有効です。
主な効果は
①ウェルエイジング・ヘルシーエイジング・アンチエイジング
②脳(心)の病気予防、健康増進
③リラクセーション
④コミュニケーション能力の向上です。

ICHMでは、このフェイスエクササイズを誠実に指導できる質の高いインストラクターの養成に尽力しています。

「顔体操~ 微笑み上手になるエクササイズ~」

book 全国書店、Amazonなどで好評発売中